進路ガイダンスを行いました。【普通科1年生】

 11月28日(月)、普通科1年生を対象に進路ガイダンスを行いました。
 県内の大学や専門学校を中心に各学校から先生方をお招きし、それぞれの学校の特徴や魅力、専門領域や入試の概要などを説明していただきました。2年生に向けて自分の進路を確立していく中で、貴重なお話が聞ける良い機会となりました。

進路講演会を実施しました。【体育コース2年】

 11月21日(月)、体育コース2年生を対象とした進路講演会を実施しました。

 体育進学センター大阪校より佐々木一彰先生をお招きし、体育・スポーツ系の大学進学についてのお話をうかがいました。

 アスリートを目指す進路としてはもちろん、スポーツや教育に関わる多くの進路が大学進学によって拓かれることを、具体的に教えていただきました。一年後の進路実現に向けて、それぞれの次なる一歩を確かめるきっかけとなりました。

「真庭SDGsバイオマスツアー」を実施しました。【普通科1年】

 11月14日(月)、特別進学コース、フロンティアコース1年生の生徒が、校外学習として真庭市に行き、「真庭SDGsバイオマスツアー」を行いました。

 フロンティアコースの生徒は、「真庭バイオマス集積基地」「真庭バイオマス発電株式会社」「銘建工業CLT専用工場」の3ヶ所を、特別進学コースの生徒は「ランデス株式会社」「銘建工業本社事務所」の2カ所をそれぞれ見学し、製造行程の見学や、実際の製品に触れるなどさせていただきました。

 昼食は「ひるぜん大将」にてジンギスカンの食べ放題をいただき、皆満足した様子でした。

岡山駅前校舎周辺の清掃活動を実施しました。

 11月8日(火)、10月に続き体育会が中心となり、生徒会と一緒になって清掃活動を実施しました。今回は岡山駅前校舎の周りです。

 体育会と生徒会の交流を深めるためにも、体育会メンバーと生徒会メンバーが組み、朝早くから袋いっぱいになるまでたくさんのゴミを拾いました。
 また今後も引き続き体育会と生徒会が地域を清掃していきます。

「学んで実践!!瀬戸内ごみ0(ゼロ)作戦」で活動内容を発表しました。【特別進学コース2年】

 11月5日(土)、イオンモール岡山で開催された「学んで実践!!瀬戸内ごみ0(ゼロ)作戦」で、特別進学コース2年・環境ゼミが活動内容を発表しました。

 瀬戸内海の海ゴミ増加の主な原因は、河川からのゴミの流入です。環境ゼミは現在、河川のゴミの量の調査と清掃活動を、駅前校舎近くの用水路を対象に行っています。今回はこの活動の中間発表を行い、身近な河川のゴミを減らすことの重要性を伝えました。

「総合的な探究の時間(経営・ビジネス系)」【フロンティアコース1年】

 10月14日(金)、フロンティアコース1年「総合的な探究の時間」(経営・ビジネス系) の時間に、IPU・環太平洋大学より、倉田 知秋先生を講師としてお招きし、講義をしていただきました。

 需要と供給の関係や、店を建てる時の場所の決まり方など、お金やモノの流れについてお話をしていただきました。

進路ガイダンスを行いました。【フロンティアコース1年】

 9月26日(月)、フロンティアコース1年生を対象に進路ガイダンスを行いました。

 主に県内の私立大学や専門学校から先生方をお招きし、各学校の特徴や魅力、専門領域や入試の概要などを説明していただきました。

 それぞれが興味のある分野について真剣に話を聞くことができ、2年後に控える入試に向けてのスタートとなるような良い機会となりました。

第15回高校生模擬裁判選手権に出場しました!【特別進学コース2年】

 8月6日(土)、『第15回高校生模擬裁判選手権』(日本弁護士連合会主催)に岡山県代表として特別進学コース2年法律ゼミ13名が出場しました。

 それぞれの県・地区予選を勝ち上がってきた30校が、それぞれ検察官側、弁護側に立って裁判を行いました。
 当日、午前中は本校検察チームと学習院女子高等科の弁護チームが、午後は本校弁護チームと中央大学杉並高校の検察チームが対戦しました。

 この大会に向けて検察官や弁護士の方々から直接ご指導いただきながら、尋問や論告、弁論といった実際の裁判さながらの取り組みを毎日夜遅くまで行なってきました。
 残念ながら優秀校8校に入ることはできませんでしたが、多くのことを学ぶことができました。これまでご支援くださった皆様、本当にありがとうございました。

【出場メンバー】
特別進学コース2年木村友祐・中嶋一輝・丹羽悠夏・福光那月・山名純礼・小川由衣・多賀夢・釣井文貴・富岡隼人・播磨紫陽花・平野瑠美・藤澤春輝・正富郁弥


IPU・環太平洋大学による講義「地域課題研究」が実施されます。

 8月16日(火)~18日(木)・23日(火)・25日(木)の5日間、系列校のIPU・環太平洋大学との高大接続単位認定科目である講義「地域課題研究」が実施されます。

 地域の高校生の自主活動支援を活動の中心とした、一般社団法人SGSGの設立者である野村泰介先生のご指導の下、「地域を活性化させるにはどのようなアプローチが効果的なのか」を研究していきます。

『未来の先生フォーラム 2022』に出場しました。【フロンティアコース2年】

8月6日(土) 16:00より「未来の先生フォーラム2022」に、フロンティアコース2年生教育系の生徒が出場しました。

 これまでの探究成果を文部科学省・全国の教育委員会・学校関係者などに発表することができました。テーマに沿って、生徒・教師・保護者・地域の視点から探究し、それぞれの視点から編み出した解決策を提案しました。

 オンラインでの発表でしたが、視聴してくださった先生方からは「素晴らしい探究だと思います」「探究のあるべき姿を提示してくださったと思います」「スライドがよくできている」などのコメントをいただきました。

https://mirai-sensei.info/
https://www.soshigakuen.ed.jp/info/mirainosensei/