グローバルナビゲーション


ここから本文です

1.全員が部活動と勉強を両立。1年次から思いきりスポーツに打ち込める環境を用意!

体育コースでは、体育大学や体育系学部への進学を目指し、心・技・体・知を兼ね備えたアスリートおよび指導者を育成します。さらに、本校独自の教科「健康体育」8科目を設定し、確かな「健康観」「スポーツ観」も培います。

硬式野球部(強化クラブ)
「勝利」という形で最高の恩返しができるように
主将 山本 蒼さん
[3年生/兵庫・たつの市立御津中学校出身]
長澤宏行先生 体育科教諭 硬式野球部監督
甲子園出場と強い精神力を目指して
硬式野球部は強化クラブに指定されており、「全国大会出場と優勝」「3年間やり通す」を目標に心と体を鍛えぬきます。
強化クラブ員として、そして創志学園の生徒として、野球を通じてどんな場面にも動じない強い精神力を育成することが目標です。
<プロフィール>
96年アトランタ五輪女子ソフトボール日本代表ヘッドコーチとして世界4位。05年神村学園高等部硬式野球部監督として第77回選抜高等学校野球大会で初出場準優勝の快挙を成し遂げる。
女子柔道部(強化クラブ)
監督の「4つの教え」を新チーム内でも徹底
主将 小林 静香さん
[3年生/山形県・山形市立第四中学校出身]


チーム力で勝負できるよう、佐野監督から常日頃言われている「寝技を使う/緊張感をもつ/声を出す/試合をイメージする」を徹底しています。また、全国の舞台を踏むごとに「気持ち」の大切さが分かってきました。主張として気持ちを強くし、志気を高めていきます。

女子ソフトボール部(強化クラブ)
気持ちを切らさず、日々努力!
主将 大橋 茜さん
[3年生/大阪府・大阪市立美津島中学校出身]


先輩から引き継いだ岡山県での公式戦の連勝記録も伸ばすことができており、一戦一戦、チームが成長していることを実感しています。また「文武両道」を掲げる女子ソフトボール部は、テスト期間の1週間前からは、朝や午後も部活の時間を勉強に充ててチームメイトと教え合うなどして試合以外でもチーム力を磨いています。また、全員が今チームのために何が出来るかを考えて日々練習に取り組んでいきます。

2.IPU・環太平洋大学と連携。ワンランク上の指導と設備を

IPUにある世界的建築家・安藤忠雄氏の設計によるアスリートホール「TOPGUN」。

系列校である岡山市のIPU・環太平洋大学との高大連携を図り、最高の設備とトップレベル指導者のもとで技術向上を目指します。送迎は本校のバスで行うので安心です。

(写真上:IPUにある世界的建築家・安藤忠雄氏の設計によるアスリートホール「TOPGUN」。)

1
  • 写真1:畳300帖にも及ぶ3面の柔道場。畳はオリンピックと同じ仕様。
  • 写真2:トレーニングセンターは200名以上が同時利用でき、世界最高品質のマシンも80台。
  • 写真3:全面に鏡やバレエバーを配置したパフォーマンスホール。床面には、ブロードウェイでも使用されているバレエ専用のシートを使用
  • 写真4:「投てき競技対応人工芝」を施した陸上競技場。日本陸連公認300mトラック6コース。
  • 写真5:スポーツに集中できる環境が整った、IPU第1キャンパス。

※1〜5の設備は全てIPU・環太平洋大学の設備です。

  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

3.基礎学力対策から大学入試対策まで。ゼミ講座も開講

体育系の大学や教育大学に進学し、中学校や高校の体育教師を目指す生徒も数多くいます。だから教科学習も手を抜きません。基礎学力養成から大学受験対策まで徹底的に行います。「文武両道」が創志学園高校体育コースのモットーです。

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ローカルナビゲーション

  • オープンスクール
    オープンスクール
    2017年度オープンスクール受付開始!第2回目は7月29日(土)です!
  • 情報誌「SO!」
    情報誌「SO!」
    2016年第3号配布中!
    短期語学研修や文化祭など秋の行事、そしてH29年度の入試制度が一気に分かる特集号です!

OPEN SCHOOL
特色ある学科・コース内容が楽しくわかる体験授業や進学についての相談コーナーなどをご用意しています。 2012年度のオープンスクール 詳しくはコチラ
  • 資料請求 資料のご請求はこちら!
  • 入試概要 入試概要冊子の抜粋版をご覧いただけます。

フッターメニュー

  • 教職員募集
  • サイトマップ
  • サイトポリシー
  • プライバシーポリシー